著作権等に関する登録制度

著作権は、著作物が創られた時点で、何らの手続きを要することなく、自動的に付与されるものです。

ここで、「じゃあ、著作権に関する登録って何のためにあるの?」と思われた方もいらっしゃるかと思います。

登録には、著作物を最初に発行(公表)した年月日を推定する登録、著作者の本名を推定する登録、著作権譲渡等の権利変動があった場合の権利者を確定する登録などがあります。それぞれの登録にはそれぞれの効果が付与されますので、登録の前にその効果をよく確認しておくことが大切です。

以下、それぞれの登録の内容及びその効果について挙げておりますので、御参照下さい。

登録の種類 登録の内容及びその効果 申請対象者
実名の登録 (内容)
無名又は変名で公表された著作物の著作者は、その実名(本名)の登録を受けることができます。
(効果)
登録を受けた方が、当該著作物の著作者と推定される効果があります。その結果、著作権の保護期間が公表後50年間から実名で公表された著作物と同じように著作者の死後50年間となります。
・無名又は変名で公表した著作物の著作者
・著作者が遺言で指定する方
第一発行年月日等の登録 (内容)
著作権者又は無名若しくは変名で公表された著作物の発行者は、当該著作物が最初に発行され又は公表された年月日の登録を受けることができます。
(効果)
反証がない限り、登録されている日に当該著作物が第一発行又は第一公表されたものと推定される効果があります。
・無名又は変名の著作物の発行者
・著作権者
創作年月日の登録 (内容)
プログラムの著作物の著作者は、当該プログラムの著作物が創作された年月日の登録を受けることができます。
(効果)
反証がない限り、登録されている日に当該プログラムの著作物が創作されたものと推定される効果があります。
・著作者
著作権・著作隣接権の移転等の登録 (内容)
著作権若しくは著作隣接権の譲渡等、又は著作権若しくは著作隣接権を目的とする質権の設定等があった場合、登録権利者及び登録義務者は著作権又は著作隣接権の登録を受けることができます。
(効果)
登録をすることにより、権利の変動を第三者に対抗することができるという効果があります。
・登録権利者及び登録義務者
※原則として共同申請ではありますが、登録権利者の単独申請を行うこともできます。
出版権の設定等の登録 (内容)
出版権の設定、移転等、又は出版権を目的とする質権の設定等があった場合、登録権利者及び登録義務者は出版権の登録を受けることができます。
(効果)
登録をすることにより、権利の変動を第三者に対抗することができるという効果があります。
・登録権利者及び登録義務者
※原則として共同申請ではありますが、登録権利者の単独申請を行うこともできます。

※実名登録・第一発行(公表)年月日登録の手続きを行う際は、まず、ご自身が登録手続きを行うことができる申請者に該当するかどうかを御確認下さい。
実名登録申請の可否
第一発行(公表)年月日登録申請の可否

 
 


▼まずは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
著作権登録のご案内
予約・お問い合わせは0120-717-067へお電話ください!
手続きのお申込み
トップページへ

お電話での受付はこちらお申込みはこちら