著作者人格権の具体的内容

ここでは、著作者人格権の具体的内容についてご紹介しています。

著作者人格権として①公表権、②氏名表示権、③同一性保持権があります。以下、それぞれの権利について見ていきましょう。

公表権

公表権とは、まだ公表されていない自分の著作物について、それを「公表するかしないかを決定できる権利」のことをいいます。要するに、無断で公表されない権利のことです。

しかし、「未公表の著作物」の著作権(財産権)を譲渡した場合や、「美術の著作物の原作品」・「写真の著作物で未公表のものの原作品」を譲渡した場合などは、著作物の公表に同意したものと推定されることになります。

 

氏名表示権

氏名表示権とは、自分の名前を公表する時に、「著作者名」を表示するかしないか、表示するとすれば「実名」か「変名」(ペンネーム等)かなどを決定できる権利のことをいいます。名前の表示を求める権利と言っても良いでしょう。

もっとも、著作物の利用目的や態様に照らして、著作者が創作者であることを主張する利益を害するおそれがないと認められるときは、公正な慣行に反しない限り、著作者名の表示を省略することができます。

例えば、病院の待合室でBGMを流している場合に、いちいち作曲者名をアナウンスする必要はありません。

 

同一性保持権

同一性保持権とは、自分の著作物の内容や題号を、自分の意に反して無断で改変(変更・切除等)されない権利のことをいいます。

ですが、この権利も絶対的な権利ではなく、著作物の性質やその利用目的・態様に照らしてやむを得ないと認められる場合は、この同一性保持権は及びません。

例えば、印刷機の性能が悪く、色が綺麗に出ない場合や歌手の歌が下手などという場合が、これに当たります。

 
 


▼まずは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
著作権登録のご案内
予約・お問い合わせは0120-717-067へお電話ください!
手続きのお申込み
トップページへ

お電話での受付はこちらお申込みはこちら