保護期間について

保護期間を説明する女性著作権などの著作権法上の権利には、一定の存続期間が定めれらています。この一定の存続期間のことを「保護期間」といいます。

では、なぜこの保護期間というものが定められているのでしょうか。

それは、著作者等に権利を認めて保護をすることはもちろん大切なことではありますが、一方、一定期間が経過した著作物等については、その権利を消滅させることによって、社会全体の共有財産として自由に利用できる様にした方が良いと考えられたためです。

それでは、以下、具体的な権利についてそれぞれの保護期間を見ていきましょう。

1.著作者人格権
著作者人格権は一身専属的権利とされていますので、著作者が死亡(法人の場合は解散)した場合は、その権利も消滅します。

したがって、著作者人格権の保護期間は「著作者の生存している期間」ということになります。

では、著作者の死後(法人の場合は解散後)は著作者人格権の問題がなくなるのかというとそうではなく、原則として、著作者の死後においても著作者人格権の侵害となるべき行為をしてはならないこととされていますので、ご注意下さい。

 
2.著作権(財産権)
著作権(財産権)の保護期間は、原則、著作者が著作物を創作したときから、著作者の生存している期間+死後50年間となっています。

ただし、上記はあくまでも原則であり、以下のように例外もあります。

著作物の種類 保護期間
無名・変名(周知の変名は除く)の著作物 公表後50年(死後50年経過が明らかであれば、その時点まで)
団体名義の著作物(著作者が法人か個人かを問わない) 公表後50年(創作後50年以内に公表されなかったときは、創作後50年)
映画の著作物 公表後70年(創作後70年以内に公表されなかったときは、創作後70年)

なお、連載小説など、著作物の一部分ずつが発行され、一定期間内に完成されるような著作物については、最終部分が公表されたときから50年が保護期間となり、継続すべき部分が直近の公表のときから3年を経過しても公表されないときは、既に公表されたもののうち最終部分が公表されたときから50年が保護期間となります。

ちなみに、上記保護期間の計算方法については、計算を簡単にするため、全ての期間は死亡、公表、創作した年の「翌年の1月1日」から起算されます。

例えば、Aさんが平成元年(1989年)に死亡した場合、Aさんの著作物は、翌年の平成2年(1990年)1月1日から起算して平成51年(2039年)12月31日まで保護されることになります。

 
 


▼まずは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
著作権登録のご案内
予約・お問い合わせは0120-717-067へお電話ください!
手続きのお申込み
トップページへ

お電話での受付はこちらお申込みはこちら