著作権制度の概要

著作権は、知的財産権といわれる権利のうちの1つです。知的財産権とは、知的な創作活動によって何かを創り出した人に対して付与される、他人に無断で利用されない権利のことをいいます。

その知的財産権の1つである著作権は、さらに以下のように様々な権利によって構成されています。世間一般では著作権という言葉が広狭様々な意味に用いられていますので、注意が必要です。

著作権 著作者の権利(著作権) 著作者人格権
著作権(財産権)
実演家等の権利 実演家人格権
著作隣接権(財産権)

なお、知的財産権のうち、特許権や実用新案権などのような産業財産権と呼ばれる権利については、権利を取得するために申請や登録などの手続きが必要となりますが、著作権は、このような手続きを一切必要とせず、著作物が創られた時点で「自動的」に付与されることとなります(「無方式主義」といいます)。
 
 

著作者の権利(著作権)

著作者の権利は、大きく「著作者人格権」と「著作権(財産権)」とに分かれます。

「著作者人格権」とは、著作者が精神的に傷つけられないようにするための権利のことをいい、具体的には「公表権」「氏名表示権」「同一性保持権」が著作者人格権に当たります。

他方、「著作権(財産権)」は精神的に嫌な思いをいない権利である「著作者人格権」とは性質を異にし、もっぱら経済的な権利となります。

具体的には、「複製権」「上演権・演奏権」「上映権」「公衆送信権」「公の伝達権」「口述権」「展示権」「譲渡権」「貸与権」「頒布権」「二次的著作物の創作権」「二次的著作物の利用権」があります。

著作者の権利
(著作権)
著作者人格権 公表権
氏名表示権
同一性保持権
著作権
(財産権)
複製権
上演権・演奏権
上映権
公衆送信権
公の伝達権
口述権
展示権
譲渡権
貸与権
頒布権
二次的著作物の創作権
二次的著作物の利用権

 
 

著作隣接権

著作隣接権とは、著作物等を「伝達する者」に付与される権利のことをいい、「伝達する者」とは、実演家、レコード製作者、放送事業者、有線放送事業者のことを指します。

この著作隣接権も、著作権と同様、実演等を行った時点で「自動的に」付与され、権利取得のための手続き等は不要です。

実演家の権利 実演家人格権 氏名表示権
同一性保持権
財産権 許諾権 録音権・録画権
放送権、有線放送権
送信可能化権
譲渡権
貸与権(レコード発売後1年間)
報酬請求権 CD等の「放送」「有線放送」(同時再送信を含みます。)について使用料を請求できる権利
CD等の「レンタル」について使用料を請求できる権利(レコード発売後2年目~50年目まで)
生の実演が含まれる放送の「有線放送」による同時再送信について使用料を請求できる権利
レコード製作者の権利 許諾権 複製権
送信可能化権
譲渡権
貸与権(レコード発売後1年間)
報酬請求権 CD等の「放送」「有線放送」(同時再送信を含みます。)について使用料を請求できる権利
CD等の「レンタル」について使用料を請求できる権利(レコード発売後2年目~50年目まで)
放送事業者の権利 許諾権 複製権
送信可能化権
再放送権、再有線放送権
テレビ放送の公の伝達権
有線放送事業者の権利 許諾権 複製権
送信可能化権
再放送権、再有線放送権
有線テレビ放送の公の伝達権

 
 


▼まずは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
著作権登録のご案内
予約・お問い合わせは0120-717-067へお電話ください!
手続きのお申込み
トップページへ

お電話での受付はこちらお申込みはこちら