著作物の種類

著作物の定義については、「著作物とは」でご案内しましたが、これだけでは分かりずらいと思われる方も多いと思います。

そこで、ここではより具体的な著作物の例示を挙げていきます。

一般の著作物

まずは、一般的な著作物です。下表をご覧ください。

言語の著作物 講演、論文、レポート、作文、小説、脚本、詩歌、俳句など
音楽の著作物 楽曲、楽曲を伴う歌詞
舞踊、無言劇の著作物 日本舞踊、バレエ、ダンス、舞踏、パントマイムの振り付け
美術の著作物 絵画、版画、彫刻、マンガ、書、舞台装置など(美術工芸品を含みます)
建築の著作物 芸術的な建築物
地図、図形の著作物 地図、学術的な図面、図表、設計図、立体模型、地球儀など
映画の著作物 劇場用映画、アニメ、ビデオ、ゲームソフトの映像部分などの「録画されている動く映像」※
写真の著作物 写真、グラビアなど
プログラムの著作物 コンピュータ・プログラム

※生放送は保護されません。

ちなみに、「映画の著作物」を除き、著作物として保護されるためには、「固定」(録音、録画、印刷など)されている必要はありませんので、「原稿なしの講演」や「即興の歌」なども保護の対象となります。

 

「創作的な加工」によって創られる「二次的著作物」

例えば、ある外国の小説を日本語に「翻訳」した場合のように、1つの著作物を「原作」とし、新たな創作性を加えて創られたものは、原作となった著作物とは別の著作物として保護されます。この場合、翻訳をした人が著作者となります。

このような著作物は、「二次的著作物」と言います。よくある「小説を映画化したもの」や「既存の楽曲を編曲したもの」なども、この二次的著作物となるのです。

もっとも、この二次的著作物を創る場合は、原作の著作者の了解が必要となりますので、勝手に創ることはできません。また、第三者が二次的著作物を「利用」する(コピーや送信などをする)に当たっては、「二次的著作物の著作者」の了解の他に、「原作物の著作者」の了解も得る必要があります。

 

「創作的な組合せ」によって創られる「編集著作物」と「データベースの著作物」

著作権法第12条には以下のような規定があります。

(編集著作物)
第十二条  編集物(データベースに該当するものを除く。以下同じ。)でその素材の選択又は配列によつて創作性を有するものは、著作物として保護する。

つまり、詩歌や百科事典、新聞、雑誌などのような「編集物」は、そこに「部品」として収録されている個々の著作物等とは別に、「全体」としても「著作編集物」として保護されるのです。

ですので、この著作編集物全体をコピーするような場合には、「部品」である個々の著作物すべての著作権者の了解を得るとともに、「全体」である著作編集物の著作権者の了解も得なければならないことになります。

なお、収録されているもの(部品)は「著作物」である必要はなく、データや英語の単語の様なものでも構わないとされています。

著作物の定義にもあるように、編集物が著作物として保護されるためには、そこにどのようなものを収録するか、または、その順序をどのようにするか(選択又は配列)ということについて「創作性」がなければなりません。

例えば、ある作家が生まれてから死ぬまでに書いたすべての小説を書かれた順序に収録した様な全集は、「選択」についても「配列」についても創作性が認められないため、「編集著作物」として保護されないことになります(※もちろん、個々の部品(作品)については著作物です)。

ちなみに、このような編集物のうち、コンピュータで検索できるものを「データベースの著作物」といい、できないもの(紙に書かれたものなど)を「著作編集物」といいます。

 
 


▼まずは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
著作権登録のご案内
予約・お問い合わせは0120-717-067へお電話ください!
手続きのお申込み
トップページへ

お電話での受付はこちらお申込みはこちら